退職・転職マニュアル / 手続き・再就職・失業保険・退職金の運用

退職・転職マニュアル > 失業保険のもらい方 > 失業保険をもらうには

失業保険をもらうには

失業保険をもらうには、まず勤務先から離職票をもらい、住んでいる地域の管轄の公共職業安定所(ハローワーク)に行き、求職申し込みと離職票の提出をします。その際に、就職するにあたって希望する条件を具体的に聞かれます。そこで、雇用保険の加入対象となる労働条件(1週間に20時間以上の就労)を希望しているかどうか、就職の意思があるか(旅行・就学など、直ちに就職することを希望しない場合は「就職の意思」はないものとして扱われます)などを判断されます。

厚生労働省:全国のハローワーク

求職申し込みの後、約4週間後に設定される「認定日」に公共職業安定所に出頭し、失業状態であることの確認を受けることによって失業保険のお金(雇用保険金)が支給されます。

この「認定日」には自らハローワークに出頭し求職の申し込みをします。代理人による認定や郵送による認定は行うことは基本的にできません。

退職時のチェック