退職・転職マニュアル / 手続き・再就職・失業保険・退職金の運用

退職・転職マニュアル > 失業保険のもらい方 > 失業保険の給付金額(基本手当日額)

失業保険の給付金額(基本手当日額)

失業保険がいくらもらえるかを考えるときは、もらえる金額(基本手当日額)ともらえる期間(受給期間)の2つを考える必要があります。

失業保険の「もらえる日額」と「もらえる期間」は、基本的に退職したその瞬間に確定しています。
失業保険というものは、退職するまでの「過去の実績」に基づいて算定されるものなので、退職した後からでは、それをどうこう操作しようとするのは基本的には難しいでしょう。

ただ、「いつ退職するか」はあなたがある程度決めることができます。
その退職時の「年齢」によって、失業保険がもらえる金額(日額の上限)が大きく違います。

給付される金額(基本手当日額)はどのくらい?

1日あたりに支給される金額を、「基本手当日額」と言います。認定日において20日失業したと認定されれば、「基本手当日額」×20日分の基本手当が支給されます。

この「基本手当日額」は、原則として離職した日の直前の6か月間の給付金額の基準となる賃金・手当(毎月決まって支払われていた賃金)の合計を180で割って算出した金額のおよそ50〜80%(60歳〜64歳については45〜80%)とされています。なお、基本手当日額には上限額と下限額が定められています。

  • 原則として離職日直前6ヶ月間の賃金(税引前)の合計を180で割った金額の45%〜80%の金額
    ※上限および下限が規定されています
    ※離職時の年齢により上限が異なっています(下限は年齢により異なりません)
    ※賃金には、「ボーナス」や「退職金」は含めません
  • 基本手当日額の下限(最低額)は1640円です
  • 基本手当日額の上限(最高額)は、離職時の年齢によって以下のようになります
    30歳未満の場合 ・・・ 6295円
    30歳以上45歳未満の場合 ・・・ 6990円
    45歳以上60歳未満の場合 ・・・ 7685円
    60歳以上65歳未満の場合 ・・・ 6700円
    65歳以上の場合 ・・・ 6395円
  • 毎年8月1日付で見直し(改定)されます
  • 離職した理由や給付を受ける者の住所地によって区別はされません

この基本手当日額に受給期間の日数をかけたものが失業保険を受け取れる最高額になります。

自己都合退職と会社都合退職の違い

失業保険は自己都合退職の場合と会社都合退職の場合でもらえる金額が大きく違うと言いますが、これは失業保険の日額(基本手当日額)ではなく、失業保険がもらえる期間(受給期間)が違います。

退職時のチェック