就職偏差値 / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。自分に合った仕事を探す、ウェルスダイナミクス理論。

就職偏差値とは

就職偏差値というのは、あまり耳慣れない言葉ですが、これは簡単に言うと、就職活動に必要な能力を偏差値という形で表した数値のことです。現在、株式会社ギジネスというところが、無料で就職偏差値を算出するテストを実施しています。そして、ここでは、求職者に、テスト受験者の成績の分析を基にした就職偏差値のデータの公表、情報提供も行っています。2ちゃんねるなどの電子掲示板でも、就職偏差値は有名で、よく話題に上がっています。

 

また、企業へ就職する際の難易度を表す俗語的な使われ方とて、就職偏差値の中では、ブラック企業と言われています。そうしたことを含めて、就職偏差値のことを発言している、おまとめ役的なサイトも存在しています。

 

基本的に就職偏差値というのは、就職を希望する企業に対して、就職や転職の可能性を表して評価するための数値のことです。つまり、学力を客観的にみるための偏差値を使うのと似て非なるものなのが、就職偏差値なのです。

 

偏差値とは平均値との偏りを偏差数値で示す方法になり、学力など客観的に表現できにくいものに多用されていますが、就職偏差値も同じようなものです。つまり、就職偏差値も、客観的に表現しにくい就職や転職の可能性を偏差数値で表そうとしたものなのです。

就職偏差値の信用度は?

就職偏差値と言う言葉が最近話題になっていますが、これは、一般的に使われているものではありません。人材を採用する場合、テストの点数だけでは判断できない評価内容があり、本人のやる気なども反映されますが、そうしたことも就職偏差値には含まれています。

 

また、採用する企業が求める人材は企業によって違うことから、就職偏差値という言葉がネットなどで多用されるようになったのです。しかし、実際のところ、就職偏差値で出される数値というのは、当てにならない数値ともとれます。例えば、IT企業の場合20代の経験が浅いITエンジニアと、40代の経験豊富なITエンジニアの就職偏差値というのは、中々判別しにくいものです。

 

就職偏差値は、経験値だけ見れば40代のほうが高いかも知れませんが、企業側は40代の経験豊富なエンジニアより20代の若い人を多く採用したがるのが普通です。それは、専門知識が必要な上流工程の人員は、ごく一握りで十分だから、就職偏差値だけの判断は難しくなります。

 

経験豊富な人材ばかり採用していると、給与水準が上昇して企業経営が圧迫されるので、就職偏差値の数値はあまり参考にはならないかもしれません。IT業界で長年生き残ることは実に大変なことで、希少価値が高いことは就職偏差値が高いことにつながります。しかし、就職偏差値が高いことが、必ずしも採用されやすいことにはつながらないのが現実です。つまり、就職偏差値というのは、就職や転職を考えている人たちの思い込みを数値化したものにすぎないのかもしれません。

就職偏差値 / 自分に合った向いている仕事を探す記事一覧

IT企業の就職偏差値 / 自分に合った向いている仕事を探す

就職偏差値という言葉は最近よく耳にしますが、最近では就職を希望している企業の就職、転職の可能性を就職偏差値で評価しているサイトがたくさん出てきています。偏差値というのは、所属する集団の平均値との偏りを偏差数値で現す方法のことで、就職偏差値についても、それは同じです。就職偏差値60以上なら優秀就職偏差...

≫続きを読む

 

就職偏差値ランキング / 自分に合った向いている仕事を探す

就職偏差値は最近話題になっていて、マスコミが毎年発表する人気企業ランキングと共に注目されています。学生からの知名度が大きく反映されるので、旅行会社や銀行、携帯電話会社など消費者になじみのある企業が就職偏差値ランキングにもランクインされています。その一方で、法人向けの業務が中心な企業は、就職偏差値の人...

≫続きを読む

 

就職偏差値と就活(就職活動) / 自分に合った向いている仕事を探す

就職偏差値というのは話題になっていますが、2chの就職板で日夜討論されている各企業の人気、入社難易度を推し量る1つの目安になっています。そして、2chに登場する就職偏差値では、無慈悲な1通のコピペメールで、ある者は泣き、ある者は自信を喪失しています。しかし実際、就職偏差値を参考に、就活を続けることで...

≫続きを読む

 

就職偏差値と大学 / 自分に合った向いている仕事を探す

就職偏差値というのは、就職活動をする上で注目されていますが、それには、就職貴族国立5大学を見ると参考になります。それには、東大、京大、一橋大、東工大、名古屋大が挙げられていて、就職偏差値には必ず名前が挙がる大学です。そして、就職貴族私立5大学である、早稲田、慶応、上智、学習院、ICUも、就職偏差値に...

≫続きを読む

 
「自分に合う仕事」って何?無料で相談してみませんか?