IT企業の就職偏差値 / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。自分に合った仕事を探す、ウェルスダイナミクス理論。

IT企業は就職偏差値が高いほうが就職しやすい?

就職偏差値という言葉は最近よく耳にしますが、最近では就職を希望している企業の就職、転職の可能性を就職偏差値で評価しているサイトがたくさん出てきています。偏差値というのは、所属する集団の平均値との偏りを偏差数値で現す方法のことで、就職偏差値についても、それは同じです。

 

  • 就職偏差値60以上なら優秀
  • 就職偏差値50程度なら普通
  • 就職偏差値40以下は劣る

 

などの客観的に表現しにくいものに対して就職偏差値は利用されています。

 

就職偏差値というのは、客観的に分析しにくい就職や転職の可能性として用いられるものですが、一般的にはあまり利用されてはいません。ネット上の口コミに自己満足の表現として一人歩きしているのが、就職偏差値なので、あまり当てにならない数値というのがホントのところです。人材採用の場合、受験勉強の時と違ってテストの点数では判断できない評価項目があるので、それをカバーしているのが就職偏差値なのです。点数より本人の態度ややる気が評価されて採用になる場合があるので、そこで、就職偏差値が役に立つというわけです。

 

企業が採用したい人材は、企業ごとに全く違うので、就職偏差値はある意味、参考にはなります。特にIT企業の場合、業務経験や有資格者の人が、未経験で無資格者の人より就職偏差値が顕著に高いと言われています。つまり、そうした人の方が、就職偏差値の観点から見ると、IT企業では、採用されやすいということになります。

 

就職偏差値で見ると、ITの場合、経験豊富な40代のエンジニアが、20代より採用されやすいかというと、必ずしもそうではありません。経験豊富な40代のエンジニアより、むしろ20代を多く採用するIT企業が多くあるので、就職偏差値の見方は非常に難しくなります。IT企業の場合、少数の経験者だけしか生き残れない過酷な環境ゆえ、希少価値が高く注目されているだけで、就職偏差値が高いことが採用されやすいことにはつながりません。そうしてみると、就職偏差値は、就職や転職を考えている側の思い込みが数値になっているにすぎないとも判断できます。

IT業界の就職偏差値ランキング

就職偏差値のIT業界のランキングを見ると、まず、Aランクには

 

  • 野村総研
  • NTT
  • 日本IBM
  • 日立製作所
  • 富士通

 

などがあります。

 

B+ランクを見ると、IT業界では

 

  • NTT米屋
  • 大和総研BI
  • 住商情報システム
  • 日本ユニシス
  • 三菱UFJ-IT

 

などが、就職偏差値が高くなっています。

 

ITの就職偏差値のB-ランクでは

 

  • 三菱総研DCS
  • 三井情報
  • ニッセイIT
  • 東京海上日動システムズ
  • 三菱UFJトラストシステム

 

などがあります。

 

C+ランクのITの就職偏差値を見ると

 

  • 住信情報
  • 東芝情報
  • 日立情報
  • NEC情報
  • 第一生命情報
  • 三井住友海上システムズ
  • 東芝ソリューションズ

 

などがあります。

 

C-ランクのITの 就職偏差値では

 

  • 中央三井IT
  • 明治安田システム
  • オージス総研

 

などがあります。

「自分に合う仕事」って何?無料で相談してみませんか?


IT企業の就職偏差値 / 自分に合った向いている仕事を探す関連ページ

就職偏差値ランキング
就職偏差値ランキング / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。適正力学・ウェルスダイナミクス理論で自分に合った仕事を探す。
就職偏差値と就活
就職偏差値と就活(就職活動) / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。適正力学・ウェルスダイナミクス理論で自分に合った仕事を探す。
就職偏差値と大学
就職偏差値と大学 / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。適正力学・ウェルスダイナミクス理論で自分に合った仕事を探す。