就職偏差値ランキング / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。自分に合った仕事を探す、ウェルスダイナミクス理論。

就職偏差値ランキングを見てみよう

就職偏差値は最近話題になっていて、マスコミが毎年発表する人気企業ランキングと共に注目されています。学生からの知名度が大きく反映されるので、旅行会社や銀行、携帯電話会社など消費者になじみのある企業が就職偏差値ランキングにもランクインされています。

 

その一方で、法人向けの業務が中心な企業は、就職偏差値の人気ランキングでは順位が低めになります。マスコミが発表する人気企業ランキングは、大学のミスコンレベルに過ぎませんが、就職偏差値ランキングは、社会人を含めたものなので、真実味があります。2ch就職板の住人が意見をたたかわせてつくられた就職偏差値ランキングは、本当の意味での真の票と言えるかもしれません。

 

そんな就職偏差値ランキングを見てみましょう。

 

  • IT/通信では、NTTデータ、日本IBM、NTT東日本、NTT西日本が強くなっています。
  • 電機関連では、就職偏差値ランキングでは、NEC、富士通がダントツと言っていいでしょう。
  • 精密機器では、富士ゼロックス、リコー、富士フイルムが、就職偏差値ランキングで上位を占めています。
  • 自動者部門では、いわずと知れたトヨタとホンダが、就職偏差値ランキングでトップに君臨しています。
  • 素材では住友電工が、電力とガスでは、東京電力と中部電力が、就職偏差値ランキングでは人気です。
  • 金融関係では、三井住友銀行が、小売では今人気のニトリが、就職偏差値ランキングでは目を引きます。
  • 公務員では警察官が、そしてその他では、日本郵政グループが、就職偏差値ランキングで奮闘しています。

 

  • 就職偏差値ランキングで、金融業界の動向を見ると、財務省、金融庁、日本銀行、みずほが人気です。
  • 文系の就職偏差値ランキングで2013年度の最新データを見ると、日本銀行、野村、国際協力銀行、三菱総研などが人気です。
  • また、フジテレビ、東証みずほ、商船三井、日本郵船、三菱商事、野村総研なども、就職偏差値ランキングでは根強い人気があります。

 

就職偏差値ランキングで、理系の2013年の最新データを見ると、国研、上位製薬R&D、日建設計 、JR東海、任天堂などが人気です。

ブラック企業専門の就職偏差値ランキング

就職偏差値ランキングには、ブラック企業専門のものがあり、これは、1999年以降の、実際のブラック現役社員、ブラック脱出者などの意見を参考にしたものです。

 

これは世間的な噂を吟味して決められた就職偏差値ランキングなので、2chにしては珍しく真実度がかなり高いものと言えます。自分が落ちた企業へのあてつけや、クビになった企業への当てつけなどで就職偏差値ランキングに入った企業は即排除されるので、信頼度が高いと言えます。吟味する人の眼も相当厳しく、ブラック企業の就職偏差値ランキングに入る場合、充分に吟味してから多くの意見を参考に決定されるようになっています。

「自分に合う仕事」って何?無料で相談してみませんか?


就職偏差値ランキング / 自分に合った向いている仕事を探す関連ページ

IT企業の就職偏差値
IT企業の就職偏差値 / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。適正力学・ウェルスダイナミクス理論で自分に合った仕事を探す。
就職偏差値と就活
就職偏差値と就活(就職活動) / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。適正力学・ウェルスダイナミクス理論で自分に合った仕事を探す。
就職偏差値と大学
就職偏差値と大学 / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。適正力学・ウェルスダイナミクス理論で自分に合った仕事を探す。