就職偏差値と就活(就職活動) / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。自分に合った仕事を探す、ウェルスダイナミクス理論。

就活(就職活動)と就職偏差値

就職偏差値というのは話題になっていますが、2chの就職板で日夜討論されている各企業の人気、入社難易度を推し量る1つの目安になっています。そして、2chに登場する就職偏差値では、無慈悲な1通のコピペメールで、ある者は泣き、ある者は自信を喪失しています。しかし実際、就職偏差値を参考に、就活を続けることで、内定という2文字の栄冠を勝ち取った人がいるのも事実です。そのため、就職偏差値の価値を誰よりもよく知っているのは、他でもない就活生であることは間違いありません。

 

狭き門をくぐり抜けてきた、就活戦士の様々な実体験をもとに作られた、就職偏差値ランキングというものがあります。自分でも入れそうだからとか、とりあえず有名だからといった企業が上位を占めている人気企業ランキングより、就職偏差値ランキングは真実味があります。つまり、より実態に近いものが、就職偏差値ランキングと言えるのかもしれません。

 

就職偏差値を見る時に就活者が参考にすべきことは、それには3つの基準があることを知るべきです。まず、就活でW内定したときは、選択される可能性が高い企業に対して、就職偏差値は高い偏差値がつきます。

 

ただし、学生によっては志望業種があるので、就職偏差値を見る時は、志望業種の企業には+3くらい与えて見るのが妥当と言えます。そして、内定者の平均学歴が高い企業に対して、就職偏差値は、高い偏差値がつく傾向にあります。

 

日本の企業社会にはまだまだ学歴信仰が根強く存在しているので、就活した学生は、就職偏差値ランキングはあまり当てにならないと言っています。
その大きな理由は、就職偏差値と大学の関係では、東大生にも日大生にも帝京大生にも同じ1票が与えられるからです。また、就職偏差値を見る際は、入社倍率もよく見なければならず、ESの応募数比の内定者数は、とても重要になります。

 

しかし、そうは言っても、就職偏差値は、明確な定量評価で作成されているものではなく、就活生の主観が含まれているのも事実です。そのことから、就職偏差値は、自己判断のもとで、参考程度に留めておくのがベストと言えます。

就職偏差値テストで就活を有利に進める

就職偏差値には、専用のテストがあり、これは大学生約3万人の内定状況を調査したデータを元に、志望企業への内定の可能性や業界適応率を算出するというものです。

 

この就職偏差値テストを利用することで、今まで誰も教えてくれなかった、就活生にとっての志望企業のボーダーラインがはっきりと見えてきます。つまり、就職偏差値テストを受けることによって、業界に対する向き不向きを数値で把握できるようになるのです。

 

基本的に 就職偏差値テストでは

 

  • 基礎能力
  • 潜在能力
  • 行動特性

 

の3つの要素から判断しています。

 

就活での内定判定や就職偏差値の数値は、過去3万人の内定者データから統計的に算出されているので、信頼度は高いと言えます。企業の採用基準は毎年、大きく変わるものではないので、就職偏差値の過去のデータで、ある程度目安を付けておけば、就活を有利に進めることができるでしょう。

「自分に合う仕事」って何?無料で相談してみませんか?


就職偏差値と就活(就職活動) / 自分に合った向いている仕事を探す関連ページ

IT企業の就職偏差値
IT企業の就職偏差値 / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。適正力学・ウェルスダイナミクス理論で自分に合った仕事を探す。
就職偏差値ランキング
就職偏差値ランキング / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。適正力学・ウェルスダイナミクス理論で自分に合った仕事を探す。
就職偏差値と大学
就職偏差値と大学 / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。適正力学・ウェルスダイナミクス理論で自分に合った仕事を探す。