「あきらめること」の極意 / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。自分に合った仕事を探す、ウェルスダイナミクス理論。

ポジティブに「あきらめる」ということ

あきらめる・・・この言葉、ネガティブなイメージがありますが、非常に大事なことでもあります。

 

あなたは「あきらめる」と聞いてどんなイメージを持ちますか?

 

  • 途中で投げ出す
  • 能力が足りない
  • 継続力がない
  • 根性がない
  • 挫折、敗け

 

こんなイメージがないでしょうか?多くの人にとってあきらめるという言葉のイメージはこんな感じだと思います。

 

  • あきらめるな!
  • 継続は力なり!
  • 続けることが大事だ!

 

このようにあきらめないことが美徳のように言われています。もちろん、何でもすぐあきらめてしまうと何事もうまくいきません(どんなことにも必ずつらい部分はあるので)。

 

ただ、このあきらめないことに執着しすぎるのもよくありません。

 

あきらめる=明らかに見る

 

以前このような話を聞きました。何かを「あきらめる」ということは、そのことを「明らかに見る」ことだと。意味が分からないと思いますが、明らかに見るとは、物事を客観的に見るということです。

 

何かに執着するとそのことしか見えなくなってしまいます。これは「あきらめない」ことにもつながり、一見良いように思えるかもしれませんが、多くの人はこの「あきらめないこと」に囚われてしまっています。

 

  • それは本当にやり抜く必要がありますか?
  • 本当に必要なことですか?
  • 達成した結果とそれにかかる時間・労力・お金は釣り合いがとれますか?
  • 今やっていることを続けたら本当に目的は達成できますか?

 

こういったことを客観的に、感情をいったん置いておいて考えてみるんです。

 

そのうえで

 

「やるべき」と判断したら続ける
「やっても意味がない」と判断したら止める決断をする

 

これが大事なんですね

 

「ネガティブな自信のなさ」からのあきらめではなく、ゴールへの最短距離を進むための戦略的撤退です。(ちょっとつらいだけのときの「言い訳」には使わないでくださいね笑)

 

明らかに見るとは、感情に左右されずに客観的に見ることによって「物事を正しく判断すること」です。

 

そして、「意味がない」「より良い方法がある」と判断したら、きっぱりと「あきらめる」ことが大事です。

 

あきらめられない=停滞

 

この正しい見方がわからず「続けることこそが美徳」と思っていると、意味の無いことを延々と続けることになります。辛いことを我慢して続けた結果、数年経って何も得られていない、ただ時間が過ぎただけどころか、辛い時間を過ごしてしまった・・・こんなことって避けたいですよね。

 

でも、みんなわかっていないので、ほどんどの人は「続けることこそ美徳」と思っているので、あなた自身が判断する必要があります。

 

もちろん、最初にも言いましたが「ちょっと辛いだけ」で何でもすぐにあきらめてしまうのは違いますよ。どんなことにも良い面と悪い面はありますからね。楽しいゲームにも面倒くさいレベル上げがあったりするものです。楽しいスポーツにも上達のために筋トレや基礎トレーニングが大事です。そういった一部分ではなく「全体」を明らかに見ていきます。

 

全体を明らかに見る、客観的に見る、冷静に判断する。そのうえで長期的に考えて続けるべきか止めるべきかを決める。これが重要です。

 

仕事が辛くてやめたい、そんなときはぜひこの視点で考えてみて下さい。

「自分に合う仕事」って何?無料で相談してみませんか?


「あきらめること」の極意 / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。自分に合った仕事を探す、ウェルスダイナミクス理論。関連ページ

向いていない仕事につくと・・・
向いていない仕事につくと・・・ / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。適正力学・ウェルスダイナミクス理論で自分に合った仕事を探す。
仕事が辛くてやめたいとき
仕事が辛くてやめたいとき / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。適正力学・ウェルスダイナミクス理論で自分に合った仕事を探す。
今の仕事が向いているか悩むとき
今の仕事が向いているか悩むとき / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。適正力学・ウェルスダイナミクス理論で自分に合った仕事を探す。