今の仕事が向いているか悩むとき / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。自分に合った仕事を探す、ウェルスダイナミクス理論。

今の仕事が自分に向いているか悩んだときは

仕事が向いているのかどうか、悩む方は多いでしょう。

 

そして、これから就く仕事が、自分に向いているのかどうかを考える方もいると思います。

 

ただ、自分に向いている、向いていないで仕事を選べない場合もあるでしょう。特に、現在は就職氷河期とも呼ばれていて、正社員の仕事に就くことができない方が多いのです。ですから、向いている、いないに関らず、正社員の仕事に就けるだけでも良いかもしれません。

 

自分に向いている、いないに関らず、正社員の仕事だからという理由で、就職転職を決めてしまう方も多いようです。ただ、あまりにも自分に向いているとは感じられない仕事に就いてしまうと、すぐに転職を考えるようになるかもしれません。転職は三回以上してしまうと、次に仕事を見つけるときに、不利になるとされています。

 

転職を繰り返していると就職が難しくなる

 

仕事が自分に向いていても、転職を繰り返していると、就職が大変難しくなるようです。ですから、尚更、長く勤務したいがために、自分に向いている仕事なのかどうなのか、深く悩む方は多いでしょう。

 

仕事が向いているかどうかは、本当のところ誰にも分からない

 

自分探しの旅が一時期流行しましたが、自分に向いている仕事に就くために、本当の自分というのを見つけたい方が多かったのだろうと思います。仕事が向いているかどうかは、本当のところ、誰にも分からないのではないでしょうか。

 

私は以前、営業職に就いていましたが、売り上げの数字に追われる毎日で、この仕事が自分には向いているとは到底思えませんでした。しかし、大学時代の友人に会って、今、自分がどのようなことをしているのかを話したとき、向いている仕事を見つけたねと言われたのです。

 

きっと、大学時代、合コンやサークル活動で交友関係が広かった私の記憶を持っていたので、営業という仕事が私に向いていると友人は感じたのでしょう。仕事が自分に向いているかどうかは、自分と他人では感じ方が違うものだろうと思います。ですから、今やっている仕事が向いているかどうかを他人に聞いても、自分が望む答えが返ってくるとは限りません。

 

向いている仕事をアドバイスしてくれるケース

 

ただ、他人のほうが自分のことをよく知っていて、向いている仕事をアドバイスしてくれるケースもあります。仕事が向いているかどうか悩んだら、インターネットを活用して適性検査の診断をしてみたり、自分の適性を知るウェルスダイナミクスの診断をしてみるのも良いでしょう。

 

ネット上には、自分に向いている仕事が何なのか、チャート式で教えてくれるサイトもあります。ですから、今の仕事が自分に向いているか悩んでいる方は、ネットを上手に活用し、明日への活力を養うのも良いと思います。

「自分に合う仕事」って何?無料で相談してみませんか?


今の仕事が向いているか悩むとき / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。自分に合った仕事を探す、ウェルスダイナミクス理論。関連ページ

向いていない仕事につくと・・・
向いていない仕事につくと・・・ / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。適正力学・ウェルスダイナミクス理論で自分に合った仕事を探す。
「あきらめること」の極意
「あきらめること」の極意 / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。適正力学・ウェルスダイナミクス理論で自分に合った仕事を探す。
仕事が辛くてやめたいとき
仕事が辛くてやめたいとき / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。適正力学・ウェルスダイナミクス理論で自分に合った仕事を探す。