リクルートの職業適性検査

リクルートの総合検査SPI 2

リクルートの総合検査SPI 2では、「基礎能力」と「性格」の基本的な資質を測定しています。この2つは人間の行動のベースとなる比較的変化しにくい領域であり、未経験の職務への適応のしやすさや将来の成功度を予測することが必要な人事場面で広く有効に活用できます。

 

性格や基礎能力といった、時間を経ても変化しにくい本質的特徴を測定することができるため、面接時だけでなく、「採用〜内定〜入社後」にわたるさまざまなシーンで、その検査結果を活用することができます。

採用現場の課題を解決

採用担当者に多い「採用現場の課題」10項目についてリクルート社のサイトで詳しく説明されています。

 

採用担当者の方は自社にあてはまる課題を、就職希望の方は「採用担当者はどのようなことを考えているのか」の参考になります。

 

「新卒採用の現場にありがちな課題」「キャリア採用の現場にありがちな課題」に分けて解説しているのでぜひ見てみて下さい。

 

>> 採用課題 解決ナビ(リクルート社サイト)

リクルートの適性検査の料金

>> リクルートの適性検査の料金はこちら(リクルート社サイト)

 

リクルート以外にも、無料の就職適性検査もあるので積極的に活用してみましょう。

「自分に合う仕事」って何?無料で相談してみませんか?


リクルートの職業適性検査関連ページ

就職適性検査とは
就職適性検査とは / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。適正力学・ウェルスダイナミクス理論で自分に合った仕事を探す。
就職適性検査の情報をチェック
就職適性検査の情報をチェック / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。適正力学・ウェルスダイナミクス理論で自分に合った仕事を探す。
無料就職適性検査
無料就職適性検査 / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。適正力学・ウェルスダイナミクス理論で自分に合った仕事を探す。
再就職にも役立つ就職適性検査
再就職にも役立つ就職適性検査 / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。適正力学・ウェルスダイナミクス理論で自分に合った仕事を探す。
マスコミ就職の就職適性検査
マスコミ就職の就職適性検査 / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。適正力学・ウェルスダイナミクス理論で自分に合った仕事を探す。
就職適性検査と就職偏差値でわかること
就職適性検査と就職偏差値でわかること / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。適正力学・ウェルスダイナミクス理論で自分に合った仕事を探す。
中高年の就職適性検査
中高年の就職適性検査 / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。適正力学・ウェルスダイナミクス理論で自分に合った仕事を探す。
エンジャパンの職業適性検査
エンジャパンの職業適性検査 / 「自分に合った仕事」って何?向いていない仕事を辞めて向いている仕事をしましょう。適正力学・ウェルスダイナミクス理論で自分に合った仕事を探す。